正しいオロナインパックと間違ったオロナインパック

 

正しいオロナインパックの方法と間違ったオロナインパック

ネットで「オロナイン」を検索すると、意外と結構ヒットしたりします。
その理由は、最近口コミで話題のオロナインパックが注目されているからです。

 

一般のパックケアの前に、オロナインH軟膏を塗るというもので、元々皮膚のケガ等の改善を図る医薬品なのですが、それがなぜか、オロナインパックとして私の鼻の黒ずみなど口コミ情報で多く取り扱われるようになりました。

 

その為、本来、市販されているようなオロナインパックというものはありませんが、一般のパックとオロナインH軟膏を組み合わせて使うというスタイルが、毛穴の黒ずみをしっかりと取り除いてくれるのです。

 

しかし、その組み合わせで正しい使い方をしないと、とんでもないトラブルを引き起こしてしまうので、注意が必要なのです。
例えば、パックの前にオロナインを塗るのですが、その際に、大量に塗ってしまうのは、逆に肌への負担をかけてしまうことになります。

 

又、時間的にも、10分程度が理想であり、それ以上になるのも、肌への負担を考慮すると、避けた方が良いでしょう。
オロナインH軟膏は、医薬品として販売されている為、肌ケアの為の美容目的ではないので、長時間はかなり負担がかかりますから、正しい時間を守ることが大事なのです。

 

そして、塗って放置した状態からぬるま湯で洗い落とす時も、全てを洗い流すのでは、大切な皮脂までも取り除いてしまうことになる為、ある程度軽い感じで洗い、ふき取り、そしてパックしていきます。

 

パックした後も、しっかりと乾燥させるのではなく、ある程度乾いてきたという段階で剥がし始めるのがポイントです。
完全に乾燥した状態では、肌への密着度が高い為、剥がす際に、肌の大切な角質までも取り除いてしまう恐れがあるからです。

 

このように、オロナインパックには、正しい使い方があり、間違ってしまうと、トラブル発生に繋がりますので、きちんと把握した上で、使うようにしましょう。

 

オロナインの裏ワザで、しつこい小鼻の黒ずみ除去

正しいオロナインパックの方法と間違ったオロナインパック

毛穴パックとして人気の高いオロナインパックですが、実はこの方法、オロナインパックとして市販されているものを使うのではなく、通常のパックの下に、オロナインH軟膏を塗るというタイプのものです。

 

洗顔をして綺麗な肌状態になった上にオロナインH軟膏をたっぷりと塗り、10分程、放置するのです。
そして、液が肌に残らないように、しっかりと洗い流します。

 

どうして流してしまうのか?それは、軟膏が肌に付いたままの状態では、その上にパックをする際に剥がれてしまうからです。
ポイントは10分程度放置すること、これで充分H軟膏の効果が皮膚を通して浸透していますので、綺麗に洗い流しても大丈夫なのです。

 

最初の頃は、何とも勿体ない感じがしてしまうのですが、逆にこの方法の方が、オロナインH軟膏と市販の美容パックとの相乗効果によって、より高い効果が得られるというデータも出ていますので、黒ずんだ肌に悩んでいるという方は、是非お勧めです。

 

オロナインを使って、その後、美容パックをすることで、肌の状態はぐんと良くなるものの、そのままの状態で終了してしまうと、せっかくの努力も台無しになってしまいます。

 

なぜなら、パックした後の毛穴は開いた状態で、とてもデリケートな肌質になっているからです。
このまま放置してしまったのでは、外部からの刺激に対して、肌荒れを起こしてしまう可能性が高いので、パックを剥がして、綺麗に洗い流してから、保湿ケアをしてあげるのです。

 

化粧水から始まり、乳液、美容液を付けて、寝ると、次の日にはもっちりプリプリの肌が蘇ってくることでしょう。
勿論、毛穴の汚れもしっかりと取り除かれているので、ワントーン明るい肌になり、ファンデーションいらずのすっぴん美人になれます。
パックは肌への密着が高く、毎日行うと、負担が大きくなるので、一週間に一度程度に抑えることも、忘れないでくださいね。